いいことばかり!電子書籍を出版すると得られる3つのメリットとは?




ども。コピーライターノベリストの眞山です。

今回は、電子書籍の出版についてお伝えしていこうと思います。

数年前より認知度は格段に上がっている電子書籍ですが、読んだことはありますか?

さらに、誰でも電子書籍を出版できるってこと、知ってましたか??

読んだことはあるという方は多いと思いますが、自分で出版するということは、あまり考えたことがない方が多いかもしれないですね。

電子とはいえ、「書籍」です。出版すれば「僕は作家だぞー!こんな本を出版しているんだぞー!」と言うことはできますよ(笑)

電子書籍を出版するメリット

電子書籍はいくつかありますが、最もポピュラーなものはAmazon kindleでしょう。

2012年にAmazon kindle ダイレクト・パブリッシングのサービスが開始されました。
詳しくはコチラから

これは、アマゾンが手がける電子書籍出版サービスです。

審査はありますが、それなりの文章力があり、内容が充実した作品なら、誰でも電子書籍を出版できるというサービスです。

印税が入る

もちろん、「出版」というくらいですから、売れれば印税が入ります。

しかも紙での出版とは違い、価格も自分で決めることが可能です。

100円で売って薄利多売でもよし、内容を充実させて1000円で売ってもよし、個人の自由です。

以前お会いした方の中に、電子書籍専門の出版事業を立ち上げておられる方もいました。

そういう意味では夢もありますね。

ブランディング、知名度向上

しかし僕としては、電子書籍で得られる収入よりも、知名度向上を目的として作ったほうが良いと思います。

電子書籍を出版することで「作家」と名乗ることもできます。

あなたのビジネスに関する書籍を出版すれば、それだけイメージ向上し、権威がつきます。

アマゾンでの検索であなたの名前もヒットするようになるので、社会的信用を得ることもできます。

これらによって、あなたの価値を高め、顧客からの信頼を得やすくなるのです。

集客効果

電子書籍は、普通の書籍と違い、リンクを貼れることも強みの一つ。

電子書籍を読んだ人をあなたのブログやLPに誘導することも可能です。

値段を低く設定し、薄利多売にしたとしても、電子書籍自体の印税は少なくても、あなたのバックエンドを紹介できる方が増えるとしたら、非常に大きな意味を持つようになりますよね。

まとめ

電子書籍は、書くといいことありますよ!というお話をさせてもらいました。

電子書籍には、他にも紙の書籍とは違うメリットがあります。

次回は、その辺を詳しくお伝えしていきますね!

The following two tabs change content below.
アバター

眞山 健幸

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。





「ストーリー」×「ビジネス」

究極のブランディング徹底解説マニュアル!!





集客するにはマーケティング戦略が必要。

webで調べればすぐにヒットしますが、それだけでは不十分です。

人が何らかの行動を起こすときには、心が動いています。

人の心を動かすには、小説や映画のようにストーリーを駆使することが効果的です。

数値や根拠に基づくマーケティングに加え、人の心を動かすためのストーリー。

これが、最強の集客ツールになると僕は確信しています。

これによって、あなたは後発組であるにも関わらず、圧倒的にブランディングされ、ライバルと差別化にすることができるのです。

この、ノウハウをギュッと凝縮して、120ページ以上の資料にまとめました。

期間限定でプレゼントしています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。