名刺交換だけでは弱い。チラシや小冊子も一緒に渡そう!




ども。コピーライターノベリストの眞山です。

大規模な名刺交換会等に行くと、1~2時間の間に10人以上の方と名刺交換するなんてこと、よくありますよね?

しかし翌日以降に頂いた名刺を整理していると「この方だれだっけ…?」ということでように、記憶から消えていることありませんか?

同じように、せっかくあなたと名刺交換した相手も、あなたのことをずっと覚えていてくれるとは限りません。

名刺交換だけでは、そこからビジネスが生まれる可能性は限りなく低いんです。

では、せっかく出会った方へ、あなたを強烈に印象付け、ビジネスチャンスにつなげていくにはどうすればいいんでしょうか?

名刺を個性的にするというのも一つの手です。

今更聞けない!?あなたの魅力がしっかり伝わる名刺の作り方

それに加えて、その場ですぐ有益な情報提供やあなたのPRをできたとしたらどうでしょうか?

チラシや小冊子で、即PR&価値提供!

チラシ…と聞くと、どんな印象を持ちますか?多分、マイナスな印象じゃないでしょうか?(笑)

チラシは邪魔?

なぜマイナスなんでしょうか?

多くの方は、帰宅直後に郵便ポストを見ますよね。その中に、山のように詰められているチラシたち!ほぼ全てが、そのままゴミ箱に直行ですよね?(笑)しかも、そのチラシの間に挟まって大事な郵便物が入っているので、かなり念入りに分別しなければなりません。

チラシがなければ、こんな苦労せんでいいのに!と、何度も思った経験があるんじゃないでしょうか?

チラシ=邪魔

こんな方程式が、無意識のうちに組み込まれてしまっています。

有益な情報が記載されたチラシは喜ばれる!

もう少し突き詰めて、チラシはなぜ邪魔なんでしょうか?

当然のことながら、不要な情報を一方的に押し付けてくるからです。

引っ越す気もないときに「新築マンション3000万!」とか、一人暮らしなのに「ピザを2枚買うと1枚無料!」とか。関係ないわ~というチラシばかりだと、1秒目に止めてすぐゴミ箱へ投げ入れます。

では、この定義を逆にし、その情報を求めている人へピンポイントで情報提供するチラシ、だとしたらどうでしょうか?

ほぼ確実に相手から喜ばれ、感謝され、信頼を獲得することができます。

今まで受け取ったチラシの中で、web集客のノウハウをギュッと凝縮したチェックリストをいただいたことがあります。それは今でもずっと手元にあり、機会あるごとに目を通しています。

名刺交換の際に一緒に頂いた、単なるA4サイズの印刷物ですが、僕には必要な情報が満載です。圧倒的に価値が高いんです。

そして、それをくださった方とは、今でも懇意にしています。

その場で価値提供できる

チラシや小冊子の良い点は、名刺とともにすぐに相手に渡すことができる点です。

そしてチラシに記載している内容が相手に必要な情報であれば、その場で信頼度増加、あなたの専門家としてのブランディング、ビジネスチャンス獲得率上昇など、良いことがたくさんあります。

もし、出会った直後の方に、ゴソゴソスマホを取り出しながら「このQRコードを読み取って頂ければ、僕のサイトに飛ぶので、今読み取って頂いて…」などと、信頼関係を築けていない方へお願いしてみても、面倒くさがられるだけです。

しかし小さな紙媒体なら、気軽に渡すことができます。名刺交換の相手から渡されて「いらない」と断る人は、そうそういないはずです。

その場でパッと目を通してもらうことができれば、すぐにあなたのPRや価値提供ができ、強く印象づけることができます。

まとめ

起業家のオフラインの武器は名刺だけではありません。

名刺と一緒にすぐに渡せる、チラシや小冊子も準備しておきましょう!

次回は、チラシや小冊子の作り方をお伝えしていきますね。

The following two tabs change content below.
アバター

眞山 健幸

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。





あなたの価値を3倍高める!!
プロフィール作成5ステップシート






プロフィールは、見込み客にあなたの魅力を伝え、興味を持ってもらうための重要なツールです。
小説家兼コピーライターが、あなたの魅力を最大限に引き出すためのプロフィールの作り方を、期間限定で無料プレゼント中!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。