もうLINE@は始められない?今から始めるなら「LINE公式アカウント」




ども。コピーライターノベリストの眞山です。

あなたはLINE@のアカウントを開設していましたか?

LINE@とは、LINEが提供しているメルマガのようなサービスで、友達登録してくれた人に、定期的に情報発信できるサービスのことです。

有名なサービスなので、自分でアカウントを開設していなくても何らかのアカウントには登録しているという方も多いと思います。

僕も遅ればせながら、「今からやるどー!」と開設を試みたんですが・・・

今からではLINE@の登録はできないことが分かったんです。

これからは「LINE公式アカウント」のみ

LINE@のページにアクセスしたところ、このようなお知らせがありました。

【重要】新規アカウント開設について
「LINE@」は「LINE公式アカウント」とサービス統合し「LINE公式アカウント」としてサービス提供致します。そのためLINE@の新規アカウント開設を終了しております。今後は「LINE公式アカウント」で新規アカウント開設をお願い致します。

調べてみると、2019年4月18日に、「LINE@」と以前からあった企業向けサービス「LINE公式アカウント」のサービスが一つになったようですね。

LINE公式アカウントは、企業向けということもあり、使用料が初期費用800万、月額利用料が250万~と、個人では手が出せないような金額でした。それがLINE@と一つになったことで、無料版の提供も開始されたとのことです。

そもそも、LINE@とLINE公式アカウントも機能は似ていましたので、ユーザーとしてはそれほど混乱することではないようです。

ということで、早速LINE公式アカウントを開設してみました。良かったら登録してくださいね!

友だち追加

 無料版でも十分使える

LINE公式アカウントは、設定自体はすぐにできました。以下のページに従って登録を進めれば、無料で30分もかからずに開設できます。

アカウントの開設

LINE公式アカウントの作り方|登録から初期設定のステップを解説!

無料版では、1000通まで送信できます。1通は一人の友達へ送るメッセージ1回分なので、仮に100人の友達がいるとすれば、月10回まで送れることになります。

無料版でも、初めて開設する人にとっては十分な機能があると言えそうですね。

しかし、それ以上送信したいと思っても、追加することができません。それ以上送りたい場合は、有料プランに登録する必要があります。

ライトプランでは、月額5000円で15000通まで送ることができます。また、1通5円で追加送信もできます。

友達が多く、有効な使い方ができる方は、こちらに登録しておくといいですね。

アイフォンユーザーは注意!

これでLINE@とほぼ同じ機能のアカウントを開設できるのですが、アイフォンユーザーには少し残念な情報が。まだスマホでチャットができるアプリがないようです。(2019年6月現在)

ですので、登録してくれたユーザーからコメントが届いているかはパソコンを開かないと確認できません。電車の中でやり取り、というわけにはいかないようです。

いずれアプリも配信されると思いますが、それまでパソコンをすぐに開けないという方は、応答モードを「bot」にしておくことも手です。

応答モードとは、友達がコメントをくれた際に、手動で返信するか自動で返信するかを選べる機能のことです。自動で返信する「bot」の場合、あらかじめ返信するメーッセージを決めておくことができます。

初期設定では「申し訳ございませんがこのアカウントから個別に返信することはできません。次回配信をお楽しみに」と設定されています。このままにしておけば、とりあえずコメントをくれた友達が「返信がない!」と不快になることはありません。

しかし、もう二度とコメントをくれないというデメリットも抱えます。

できるだけパソコンを頻繁に開くしか対策がありませんが・・・

いずれにしても早くアイフォンからでもチャットができるようになって欲しいものです。

まとめ

まだ改善中ではあるようですが、しかし有効な情報発信ツールであることには変わりありません。

まだ開設していない人は、無料で使えるメルマガと思って、ぜひ登録してみてくださいね!

The following two tabs change content below.
アバター

眞山 健幸

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。





「ストーリー」×「ビジネス」

究極のブランディング徹底解説マニュアル!!





集客するにはマーケティング戦略が必要。

webで調べればすぐにヒットしますが、それだけでは不十分です。

人が何らかの行動を起こすときには、心が動いています。

人の心を動かすには、小説や映画のようにストーリーを駆使することが効果的です。

数値や根拠に基づくマーケティングに加え、人の心を動かすためのストーリー。

これが、最強の集客ツールになると僕は確信しています。

これによって、あなたは後発組であるにも関わらず、圧倒的にブランディングされ、ライバルと差別化にすることができるのです。

この、ノウハウをギュッと凝縮して、120ページ以上の資料にまとめました。

期間限定でプレゼントしています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。