「人は話し方が9割」の感想と要約




ども。コピーライターの眞山です。

「人は話し方が9割」という本を読了しました。

ベストセラーにも入っている良書ですが、確かに分かります。

話し方というより、人と深く付き合い仲良くなる方法と言っても良いでしょう。

どんなビジネスを始めるにしても、人間関係を良好に保つことは非常に大事ですが、その方法が詳しく分かる近道と言えそうです。

最近人付き合いに関して自分も意識してきたことが、具体的に解説されていたりしていましたので、自分の考え方の答え合わせにもなりました。

特に印象に残った点をお伝えしますね。

相手に話をさせる拡張話法

話し上手は聞き上手とも言いますが、自分が話す以上に、人の話を聞くことは大事です。

人は本質的に自分の話をするのが好きなので、自分の話を聞いてくれる人に好意を持ちやすくなります。

相手の話を深く引き出し、気持ちよく話してもらう方法が、本書で紹介されている拡張話法です。

具体的には、感嘆→反復→共感→称賛→質問の順で相手の話にリアクションしていくと、最も好感が得られるとのことでした。

確かに、自分の立場に置き換えるの、こちらの話に大きなリアクションで感心してくれたり、さらに深く質問してくれたりすると嬉しくなったりしますよね。

本書では、具体的なキーワードも紹介されており、それを身につけるよう勧めています。

確かにこれを覚えておけば、一生人付き合いでは困らなそう。

一部紹介します。

「とても勉強になりました」

「あなたの味方だよ」

「一緒に考えよう」

「あなたのおかげだよ」

その他にも色々あります。あなたも使えそうなときに使ってみてくださいね。

苦手な人に無理に話しかけない

うん、最近本当にそう思います笑

職場でも、頭の先からつま先まで、全く何考えているか分からない宇宙人のような人が若干名います。

重箱の隅をバズーカで吹き飛ばすような人だったり、自分に優しく他人に厳しかったり…ここをあまりに膨らませるとやばいのでこのくらいにしますが笑

そういう人には、必要以外近づかないようにしています。

時間と労力の無駄でしかないですもんね。この本の通りでした。

人を自然に巻き込む話し方とは?

なんだか分かりますか?

それは、話しながらかってに自分が楽しむこと、だそうです。

思い返すと、職場で気の合う人と盛り上がってると、その近くの人も自然に会話に加わってきますよね。

こんなときは、相手を楽しませようとは思わず、ただ自分が楽しみたいだけのときばかりです。

お笑い芸人がもてるのも、このように自分が楽しいと思って話すから、周りが巻き込まれていくのでしょうね。

初対面でも仲良くなる3つの共通の話題

ズバリ、この三つだそうです。

食べ物、出身、ペット

確かに、この三つならだれでも話せるし、無意識に相手の話し辛いところに触れる可能性は低いですよね。

特に食べ物は盛り上げやすいですね。

好きな食べ物を聞いて機嫌を損ねる人はまずいないでしょうし、盛り上げることも簡単です。

感謝の大切さ

このように良書ですが、最後に作者はさまざまな方に感謝されていました。

この他人への感謝が、最も大切なのではないかとも思います。

特に身近な人ほど感謝を忘れがちですが、いつなんどきでも忘れないようにしたいですね。

人は話し方が9割

 

The following two tabs change content below.
アバター

眞山 健幸

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。





オンラインサロン

「週末起業スタートアップラボ」

会社を辞めず、あなたの好きなことで起業する「週末起業」が今注目されています。

しかし、どんなビジネスを起業すれば良い?何から準備すれば良いの?など、様々壁があるでしょう。

最も問題なのは、「一人である」ことです。森ベーションが維持できず、悩みの解決手段も分からないので、途中で挫折したり、そもそも動かないという場合が多いのです。

そんな問題を解決するのが、当オンラインサロンです。

このオンラインサロンでは、週末起業家や起業家が集まって、相互協力しながらビジネスを発展させる交流の場です。

あなたも0から起業し、月10万円を稼いでみませんか?

以下の特典を無料プレゼント中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。