「驚くほどシンプルで一生使える投資の極意」の感想と要約




投資とはなんぞや?という、本質的な部分をわかりやすく解説しています。

投資と聞くと「ギャンブル」「金儲け」「危ない」というイメージが先行してしまいがちですが、本当はそうではないということがよくわかります。

投資の本質とは?

投資の目的とは、世の中を豊かにし、そこに生きる人が幸せになること、だそうです。

これを知らないと、もうけた、損したというギャンブル要素としてしか見られず、怖い、止めるべきだという考えに至ってしまいます。

本書もAmazon prime readingで無料で読めるのでおすすめです。
対話形式なので読みやすいですよ。

では、そんな本書の中でも特に印象に残っているところをお伝えします。

自分を資産と考える

本書では、投資の本質とは自分自身も資産であると考えると教えています。
自分が健康で働く意識さえあれば、職種の差はあれど生涯給料として稼げる額がある。
その生涯稼ぐと予測される金額が、自分という資産とのことです。
そして投資とは、リスクを配分しながらするものなので、自分が日本の会社で給料を得ているなら、投資は海外のものを買うこと。
これがリスクヘッジにつながるとのことだそうです。
昭和時代のように、日本だけの超集中投資は、日本の成長が鈍化した今の時代に合わないとのこと。
海外のほうが成長する見込みは高いようです。
ここまで投資をグローバルな視野で考えたことはなかったから、面白い視点が手に入ったと思います。

株式投資とは、経営者をモニタリングする仕組み

これも言われてみれば確かにと思います。
政治家は国民が選挙で決めますが、経営者は株主総会を経て株主から見られて採点されてるわけですね。
そして、株式投資の額によって投票されている。
日本には大企業の社長となると、偉い人、独裁者というイメージがありますが、そんなことはないわけですね。
初めて知ったことですが、欧米の有名な会社の社長は、給料が株で支払われるそうです。しかも、一定期間は現金化できないという縛り付き。
こんな制度があれば、自社を成長させようと必死になりますよね。株価が下がったら、そのまま自分の資産を減らすことになるわけですもんね。
日本とは根本的に違うようです。

結局現役世代がやるべきことは?

積み立てNISAやiDeCoを使って海外の投資信託を購入すべき。
結論だけさくっとまとめるとこうなります。
しかしそれまでに投資の本質が分かるので、投資に対する恐怖はなくなりますよ。
本来投資とは、超短期のトレードで儲けるべきではないし、トレードで儲かる人は本の一握り。
基本的にどっしりと構えて、一生の目線で見ることが大事なようです。
The following two tabs change content below.
アバター

眞山 健幸

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。





オンラインサロン

「週末起業スタートアップラボ」

会社を辞めず、あなたの好きなことで起業する「週末起業」が今注目されています。

しかし、どんなビジネスを起業すれば良い?何から準備すれば良いの?など、様々壁があるでしょう。

最も問題なのは、「一人である」ことです。森ベーションが維持できず、悩みの解決手段も分からないので、途中で挫折したり、そもそも動かないという場合が多いのです。

そんな問題を解決するのが、当オンラインサロンです。

このオンラインサロンでは、週末起業家や起業家が集まって、相互協力しながらビジネスを発展させる交流の場です。

あなたも0から起業し、月10万円を稼いでみませんか?

以下の特典を無料プレゼント中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。