「本当の自由を手に入れるお金の大学」の感想と要約


ども眞山です。

今回紹介する書籍は、学校教育でお金について全く教えてもらえない私たちにとっての、お金の大学と断言できる内容でした。
この本の知識があるのとないのでは、今後の人生に大きく影響します。

お金の大学とは?

内容を要約すると、お金を貯める・稼ぐ・増やす・守る・使うの5STEPで分かりやすく解説しています。

簡単に言えば、この本を読まないと・・・

  • お金が貯まらない。余計な出費があるのに気づかず、せっせと無駄なお金を払い続ける。
  • 収入が増えない。職場の収入にのみ頼り、思うように収入が増えない。節約・我慢の毎日。
  • 資産を増やせない。利率0.01%くらいの、銀行預金の利子だけの収入しかない。(ほぼゼロ)
  • 資産を守ることができない。浪費したり、詐欺に遭う、災害に巻き込まれるなどして、資産を減らしてしまう。
  • お金をうまく使うことができない。お金があっても、幸せと感じることができない。

と、リスクばかりでした。

世の中の大半の人が、この状態に当てはまっていると思います。

もしこの本の内容を実践すれば・・・

  • 余計な出費を極力減らして、筋肉質な財布を作ることができる。
  • 副収入を得ることができるようになる。会社の収入+自力での収入が得られる。
  • 資産を持つことができる。老後の資金も余裕で貯めることができ、安定・安心を手に入れられる。
  • 積み上げた資産を守ることができるようになる。
  • 自分の幸せのために、お金を効率よく使うことができる。

⇒この5STEPを実践すれば、経済的な不安がなくなり、本当の意味での幸せを得ることができると思います!

自分の経済力は自分で養う時代

私たち30~40代の世代は、親がバブル崩壊前後を過ごした時代だったと思います。

私たちの親の世代は、

  • 銀行にお金を預ければかってに貯金が増える
  • 終身雇用当たり前
  • 残業当たり前・会社に尽くせ
  • 老後は年金で大丈夫

という時代でした。

今では当てはまりますか?全て当てはまりません。

あのトヨタですら「終身雇用は難しい」と言う時代です。公務員以外で、どこに安定があるのでしょうか?

自分の経済力は、会社頼みでは通用しません。

自分で稼ぐ力が誰にでも必要な時代に突入しているのです。

もし50代になって、突然今の会社から放り出されたら、今のあなたならどうしますか?

再雇用は難しく、収入がいきなり激減するか、最悪絶たれてしまうのです。

しかし、この本を読めば、そんな不安は残りません。

もしあなたが30代なら、余裕で自力で稼ぐ力を入手できるはずです。

40代でも遅くありません。

お金の知識は、自分で得るしかない

お金のことは、東大に入っても教えてくれません。

現状、自分で学ぶしかないのです。

そして、自分で学んだ人のみが、勝ち組となって経済的自由を謳歌しています。

お金を増やし方法を知らないまま毎日を過ごし、好きでもない会社での仕事に追われ、老後の不安におびえる。

こんなの理不尽ですよね?

数十年後に悔しい思いをしないためにも、お金の大学は必読と断言します。

ぜひ読んでください!

本当の自由を手に入れるお金の大学


無料プレゼント!

「週末起業スタートアップマニュアル」




電子書籍として販売していた有料コンテンツを、LINEで友達登録してくださった方へ無料で配布しています。

週末起業のアイデアから、あなただけのオリジナルサービスの確立方法、集客方法などを徹底解説。ワクワクしながら起業しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1982年生まれ。 専門学校卒業後、シナリオライタースクールで約学ぶ。ラジオドラマで、著者の作品が採用され、番組化された。 その後、営業職に就くが、仕事の合間にボイスドラマ制作サークルを立ち上げ、脚本やディレクションを担当。 10本以上の作品を制作し、ポッドキャストで無料配信した作品は、ランキング1位獲得。全国的にも有名なサークルへ成長する。 その後、結婚を機にサークル活動は引退。 1人で作成できるweb小説を書き始め、コンクールで入賞。 その後、コピーライターのスクールに入り、webマーケティングを学ぶ。 現在はコピーライターとして週末起業。ブログ記事作成や、LP作成、ステップメール作成、補助金申請書類作成代行等を行う。 顧客は、整体院、書道教室、コンサルティング会社、オーダースーツ、工務店、結婚相談所、エステサロン、服の修繕業者など多数。 家族は妻と2歳の長男、セキセイインコ。 将来の夢は、ライティングで独立し、芸能プロダクションを設立すること。