「難しいことは分かりませんがお金の増やし方を教えて下さい」の感想と要約




 

金融の本となると難しいイメージがありますが、この本はストーリー形式になっていて非常に読みやすいです。

タイトル通り、難しいことはわからなかいですが、なんとなくお金の増やし方が分かりました笑

Amazon prime readingなら無料で読めますよ(^^)

本書で特に印象に残ったのは、以下のポイントです。

銀行に近づいてはいけない

半沢直樹は怒るかもしれませんが笑

僕らの小さい頃からしたら真逆です。

親はバブル期に働いてたので、銀行にお金を預けておけば増えるなんて言ってましたが、当然ながら今は通用しないですよね。

定期預金で年利0.01%増やすよりも、国債や投資信託で増やした方が遥かに儲かります。

銀行はローンを組ませたり、手数料の高い投資信託を勧めることが多いとのこと。

日本は金融の勉強を義務教育でしないから、この手の知識は勉強したもんがちになってしまってますが、勉強しないとどれだけ損をしてるか…

生命保険は入った方がいいの?

僕も迷ったことがありますが、シンプルに回答してくれています。

入るべき人は、自分が死んだら家族が路頭に迷う人。

入るべき保険は、死亡保証だけで特約のないシンプルな保険。

その他は、保険屋の利益のためにサービスを複雑にしてるケースがほとんどだそうです。

確かに二回ほど保険の営業マンと話したことはありますが、よく分からないという印象でしたね。

将来のためにやるべき投資は?

二つ紹介されています。

一つは、積み立ての投資信託。投資というと、株をやって大きく減らしてしまう可能性は?と考える人もいますが、投資信託はギャンブルではありません。

リスクゼロではないですが、数十年という長期スパンで見ると年利5%前後を見込めるそうです。

無理ない範囲で毎月積み立てていけば、大きく返ってきますね。

もう一つが確定拠出年金。いわゆるiDeCoというやつです。

簡単に言えば、今積み立てている年金とは別に、自分の意思で積み立てる年金のことです。

単に積み立てるだけではなく、所得税や住民税が安くなるのがいいもころですね。

デメリットは60歳までは下ろせないこと。急にまとまった額が必要ってなったときでも崩せません。

利用するかは、ライフスタイルによるかもしれませんが、基本的にはやった方が良さそうですね。

まとめ

日本は金融に関しては後進国と言われているそうです。自分で勉強しないと、老後の不安を抱えたまま定年することになってしまいます。

今までの常識である「お金を貯める」から、「お金に働いてもらう」という考えにシフトすることがでる良書でした。

 

The following two tabs change content below.
アバター

眞山 健幸

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。





オンラインサロン

「週末起業スタートアップラボ」

会社を辞めず、あなたの好きなことで起業する「週末起業」が今注目されています。

しかし、どんなビジネスを起業すれば良い?何から準備すれば良いの?など、様々壁があるでしょう。

最も問題なのは、「一人である」ことです。森ベーションが維持できず、悩みの解決手段も分からないので、途中で挫折したり、そもそも動かないという場合が多いのです。

そんな問題を解決するのが、当オンラインサロンです。

このオンラインサロンでは、週末起業家や起業家が集まって、相互協力しながらビジネスを発展させる交流の場です。

あなたも0から起業し、月10万円を稼いでみませんか?

以下の特典を無料プレゼント中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。