お勧めの時間を無駄にしないストレス解消方法!




ども。コピーライターノベリストの眞山です。

起業家であろうと会社員であろうと、多少なりともストレスってありますよね?どっちかってと、会社員の方がストレスは大きいような気はします(笑)

定期的にストレス解消しないといつか爆発してしまいますが、しかし忙しい現代人は、なかなかにその時間を作るのも難しいですよね。あなたはどうやってストレス解消していますか?

僕の場合、子供ができてから、そんな時間は一瞬で消え失せました。

このままではやばい・・・と危機感を感じ、色々調べた結果、自分なりの時間をムダにしないストレス解消法を見つけました。

それが「涙活」です。

誰でも「涙活」すべきと思う理由

あえて言いきらないで、少し濁してしまいましたが(笑)

涙活をしたことがありますか?あえて泣くことで、ストレスを解消することです。

涙を流すことにより、人間の自律神経は緊張や興奮を促す交感神経が優位な状態から、リラックスや安静を促す副交感神経が優位な状態に切り替わる。涙活は、この仕組みを利用したストレス解消法とされている。

出典:wikipedia

涙活をしたことがなくても、泣いた直後にスッキリしていた経験てありませんか?

僕は失恋して泣きじゃくったことが若いときありましたが、泣いた後は何だかやけにスッキリしていた記憶があります。これが科学的に分析すると、上記のような効果が得られ、結果的にストレス解消につながるわけですね。

一時期涙活が流行ったときは、泣ける映画をみんなで見たり、泣けるエピソードを紹介し合ったりするサークルもあったそうです。

涙活以外にもストレス解消法は色々とあると思いますが、時間がかかって忙しい人は実現が難しかったり、最も簡単な「食べる」という行動は言うまでもなくたまにしかお勧めできません。あまりにも頻繁にやっていたら、健康を害してしまいます。

さらに僕が提唱するのは、忙しい人でもできる涙活です。

涙活を移動中にできたら、時間のムダなくストレス解消できることに気付いたんです!

移動中の涙活の方法

煽ってお伝えしてしまいましたが、やることはシンプル。電車や新幹線などの移動中に、涙活しようぜ!ってことです。

そんなことかい!と突っ込まれているかもしれませんね(笑)

なので、涙活と言っても、周りに人がいるので、わんわん泣くほどの活動ではありません。少しうるっとくればOK。それでもストレス解消につながります。

もう一つ突っ込まれそうなのは、満員電車の中では小説読んだり映画見たりなんぞできん!ってところだと思います。新幹線の指定席ならともかく、通勤ラッシュの電車の中では身動きが取れませんよね。涙活も何もあったものではありません。

なので、僕が提唱する方法は本も動画も使いません。耳で聞いて感動できる媒体を使うことをお勧めします。

耳だけなら、電車に乗る前にイヤホンを準備して再生までができれば、車内が混んでいても関係ありません。まぁ、ギュウギュウの車内で自分だけの世界を作り出すのはなかなかに難しいので、できるだけ良い音質のイヤホン、しかもワイヤレスが推奨です。コードがあると、何かの拍子にすぐ外れてしまうので(笑)

耳でできる涙活、それはボイドラを聞くこと!

では、具体的に何を聞くかですが、普段馴染みは少ないと思いますが、ボイスドラマをお勧めします。

ボイスドラマとは、その名の通り、声優による台詞と効果音、BGMだけで構成される音声だけのドラマです。

映像はないので、リスナーは自分の想像力を膨らませながら聞くことができます。

探し方としては、ポッドキャスト、またはhimarayaなどで無料公開している作品がたくさんあります。

こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめの音声配信メディア4選

いくつか調べて少し聞いてみて、お気に入りの制作者や制作団体のものをフォローしてくと良いでしょう。

制作団体のHPに行くと、無料公開作品と有料公開作品の二種類が配信されている場合もあります。それほど高額ではない作品ばかりだと思いますので、さらに深くその制作団体の作品に触れたいと感じたら、購入してみるのもいいかもしれませんね。

僕がおすすめする涙活で聞きたいボイドラのイチオシは、「サークルぽすといっと」という団体が配信している「Temple of Shadows」という作品です。有料ですが、聞きごたえ抜群です!

せっかくなので、この作品含め、他にもおすすめの作品を次回記事で紹介しますね!

The following two tabs change content below.
アバター

眞山 健幸

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。





「ストーリー」×「ビジネス」

究極のブランディング徹底解説マニュアル!!





集客するにはマーケティング戦略が必要。

webで調べればすぐにヒットしますが、それだけでは不十分です。

人が何らかの行動を起こすときには、心が動いています。

人の心を動かすには、小説や映画のようにストーリーを駆使することが効果的です。

数値や根拠に基づくマーケティングに加え、人の心を動かすためのストーリー。

これが、最強の集客ツールになると僕は確信しています。

これによって、あなたは後発組であるにも関わらず、圧倒的にブランディングされ、ライバルと差別化にすることができるのです。

この、ノウハウをギュッと凝縮して、120ページ以上の資料にまとめました。

期間限定でプレゼントしています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。