【誤解だったらごめんなさい!】名古屋はビジネスチャンスに溢れた町!?




ども。コピーライターノベリストの眞山です。
今回は、僕の偏見に満ちた記事になるかもしれません。
しかし、敵を増やすことを覚悟で、しかも誤解を恐れずにここに書いてみたいと思います。
名古屋という土地は、悪く言えばサービス業が発達していないと思います。ということは逆に、ビジネスチャンスが溢れている地域ではないでしょうか?

名古屋でのドン引きした経験

僕は仕事がら出張で、西は鹿児島、東は仙台まで行き、数日宿泊することもあります。また転勤も何度か経験しました。
その中で感じたことは、東京と大阪の間にある大都市・名古屋は、他の地域と比べるとサービスの質に関して劣っていると感じざるを得ないんです。
妻とも名古屋の店舗に行ったことがありますが、同じ意見でした。
具体的な例を挙げてみます。
  1. 整骨院。先生一人で対応。長いと1時間以上待つ。東京・大阪では、先生は必ず複数。東京では予約なしでも20分以上待たない。大阪は予約すれば待ち時間なし。東京・大阪は顧客とのコミュニケーションを大事にし、顧客の好みや会話の内容を記録しており、誰が担当しても顧客と話を合わせられるようにしていた。
  2. 有名とんかつ店では、店員の男女がフロアで乳繰り合っていた。
  3. 韓国ラーメン店では、厨房にいた外人スタッフが、ガシャガシャ音を立ててレンゲを洗っていた。ホールの中国人スタッフが「うるさい!」と注意すると、ケラケラ笑っていた。
  4. 吉野家では、ホールスタッフの一人がブツブツ独り言を言っていた。いずれも関東・関西の飲食店では見たことがない光景。
  5. クリーニング店。指定日に取りに行ったら、店に届いていないと言う。工場に確認の電話を入れてたのはいいが、電話しながらこちらに伝票を押し返そうとしてきた。あまりに無礼なので受け取らずに、店員の電話が終わるのを待っていた。(服は数日後に見つかった)
  6. 市役所に電話したら、4人の担当者にたらい回しにされた挙句、最後に全く的外れの回答が返ってくる。

関東・関西で普通のことをするだけでOK?

いかがでしょうか?僕個人の体験なので、あなたにも当てはまるというわけではありません。

でも、3大都市圏を多少なりとも知っている方であれば、うなづいてくださる方もいるんじゃないかなと思います。

ちなみに、サービスの品質の良さでは、関西がずば抜けて優れていますね。店員さんは親身になって対応してくださるし、丁寧。ノリもいいです。

そんな中での名古屋のサービス業と接してみて感じたのは、関東・関西で普通のことをすれば、名古屋では最先端になるのではないか?ということです。

痛切に思うのは整骨・整体です。待ち時間が1時間以上が当たり前なんて、初めての体験でした。先生一人で回しているのなら当然です。僕が通ったのは1か所だけでしたが、他のHPを見ても同じように「院長自ら施術します!」と言った紹介がされているとことがほとんどでした。院長自らということは、他に先生がいらっしゃらないということですよね。。。

飲食店にしても同様です。僕がラーメン屋でアルバイトしていたときなんかは、少しおしゃべりしていたらすぐにクレームが入ったもんで、厨房やフロアでは静かにしていたもんでした。

しかし名古屋では、店員の自由奔放な接客が当然のようになっています。これも、関東で当然のことを徹底するだけで、高品質な接客の店に生まれ変わりそうなものです。

まとめ

さて、ここまであからさまに名古屋のことを悪く書いてしまうと、どんなお言葉が寄せられるのか、ビクビクしてしまいます(笑)あくまで個人の独断と偏見によるものですので、あしからず。

何のフォローにもなりませんが、そうはいっても名古屋は好きなところもありましたよ!歴史ファンですので、3英傑が生まれた土地でもあって、戦国時代の中心地でもあり、ワクワクしながら観光地を巡っていました。清州城なんかは、織田信長ゆかりの地なので、想像しながら散策すると楽しかったですね~!

ということで、反対意見はオブラートに包んでお願いします(笑)

The following two tabs change content below.
アバター

眞山 健幸

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。





「ストーリー」×「ビジネス」

究極のブランディング徹底解説マニュアル!!





集客するにはマーケティング戦略が必要。

webで調べればすぐにヒットしますが、それだけでは不十分です。

人が何らかの行動を起こすときには、心が動いています。

人の心を動かすには、小説や映画のようにストーリーを駆使することが効果的です。

数値や根拠に基づくマーケティングに加え、人の心を動かすためのストーリー。

これが、最強の集客ツールになると僕は確信しています。

これによって、あなたは後発組であるにも関わらず、圧倒的にブランディングされ、ライバルと差別化にすることができるのです。

この、ノウハウをギュッと凝縮して、120ページ以上の資料にまとめました。

期間限定でプレゼントしています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。