国防を考えさせられる映画「空母いぶき」




ども。コピーライターノベリストの眞山です。

今回は、このブログで初めて映画のレビューを書いてみたいと思います。

本来ストーリーについてお伝えするブログなので、もっと映画や小説、ドラマなんかのレビューも書いていきたいのですが、なかなか映画を見に行けず・・・でも今日は久しぶりに時間を作って見に行くことができました。

見た映画は、『空母いぶき』。

『沈黙の艦隊』などのかわぐちかいじが原作。コミックを実写化したものだそうです。

ネタバレはしない程度に書いていきたいと思います。

あらすじ

近未来、謎の武装勢力が日本の波留間群島に上陸、占領される。海上自衛隊は、日本で初めて配備された空母「いぶき」を旗艦とする第5護衛隊群に出動を命じる。現場に向かう「いぶき」に、敵の潜水艦は突如魚雷を発射。政府はついに、戦後初となる防衛出動を発令する・・・

あらすじだけ見ると、ちょっとありえないんでは?という展開は否めません。日本にケンカ売るってことは、背後にいるアメリカや国連も敵に回すことになるので、そんなアホな国はそうそういないはず。。。とは言いつつも、完全なる近未来ファンタジーにはなり得ないなと思わざるを得ません。

映画を見ての感想

日本は武力はあっても、あくまで自衛のためですから、極力攻撃はできないわけです。

それを自衛隊が固く守っていることは、現実にいくつもの事件でも証明されています。

記憶に新しい韓国の船からのレーダー照射を受けても、日本は反撃の兆しさえ見せなかったわけです。

しかしこのような武力に頼らない状態は、果たしていつまで続けることが可能でしょうか?

映画に登場する総理大臣役の佐藤浩市の台詞で、「当然のように日本は他国に守られていたが、それが単なる理想と分かった」みたいな台詞があった気がします。(詳しくは覚えていませんが)その台詞を聞いて、日本国憲法の前文の一部をフワッと思い出しました。

気になったので、後で調べてみると、僕が思い出したのは以下の一節でした。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」

平和を愛する諸国民を信頼して、とあるのは、ミサイルをぶっ放している北朝鮮も含まれるのでしょうか?無駄にケンカをふっかけてくる韓国も含まれるのでしょうか?

こう考えると複雑になります。

だからと言って戦争できるように憲法を改正しよう!ということではありませんが、自分の国は自分で守れなければいけないんだろうなぁ、と漠然と考えるようになりました。

The following two tabs change content below.
眞山 健幸

眞山 健幸

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。





あなたの価値を3倍高める!!
プロフィール作成5ステップシート






プロフィールは、見込み客にあなたの魅力を伝え、興味を持ってもらうための重要なツールです。
小説家兼コピーライターが、あなたの魅力を最大限に引き出すためのプロフィールの作り方を、期間限定で無料プレゼント中!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

眞山 健幸

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。