一瞬で興味をひけ!参加したくなるセミナータイトルの付け方




ども。コピーライターノベリストの眞山です。

前回の記事で、あなたが開催するセミナー情報の発信方法をお伝えしました。

初めて開催するセミナー!有効な集客方法はこれだ!

今回は、あなたのセミナーの魅力をターゲットにうまく届けるための、セミナータイトルの付け方をお伝えしますね!

タイトルでライバルに勝つ!

セミナー情報.comで首都圏の一日に行われているセミナー数を見てみると、曜日や時期によってバラつきはあるものの、20~50件程のセミナーが開催されています。

交流会や名刺交換会なども含めると、その倍前後になるでしょう。

「セミナーに参加したい!」と思ってサイトを覗く人、つまり参加見込者は、その中の情報を比較検討して、どのセミナーに参加するかを決めています。

当然、参加見込者に一瞬でもあなたのセミナータイトルを見て手を止めてもらえなければ、あなたのセミナー情報はスルーされ、認識すらしてもらうことができません。

では、どうすれば一瞬で印象に残るタイトルにできるんでしょうか?

例えば、ワードプレスブログを1日で起ち上げる実践セミナーを開催するとします。

そのままタイトルを考えるとこんな感じになります。

  • 「ワードプレス勉強セミナー」
  • 「ワードプレス起ち上げ実践セミナー」

どうでしょうか?参加したくなりますか?(笑)

おそらく、ほぼ全員にスルスルとスルーされるでしょう(笑)ライバルに圧倒的な差をつけて負けてしまいます。

では、どんなタイトルにすればいいんでしょうか?

インパクトあるタイトルとは?

目を引くタイトルに変えると、このようなタイトルが考えられます。

タイトル例
  • 【起業家さん必見】あなたのビジネスを加速させる!ワードプレスブログ構築1dayセミナー
  • 【大阪開催】あなたの集客を強力バックアップ!ワードプレスで集客するための3ステップ講座
  • その日にブロガーになる!ワードプレスブログ即日構築セミナー【初回無料・初心者限定】

こんな感じでしょうか?

タイトルの決め方のコツを以下にまとめておきますので、参考にしてください!

  1. 数字を入れる
  2. 【】や!などの記号を、可能な範囲で盛り込む
  3. 「必見」「限定」「無料」など、一瞬で目を引くワードを盛り込む
  4. あなたのセミナーに参加することで得られる明るい未来、ベネフィットが分かるようなタイトルにする
  5. 参加者を限定するため、開催地域を盛り込む(セミナー内容によっては遠方から来る人を拒む結果にもなりかねないので、使う際は要検討)

まとめ

セミナーは一般企業から個人事業主まで、多くの方が開催しています。

しかも、同じテーマのセミナーを月に何度も開催している人もいます。言うまでもなくベテラン講師です。かなりの経験を積んでいるでしょう。

それらの人に対抗するには、頭を使って知恵を絞って、興味を引くタイトルを考える必要があります。まずタイトルで興味を持ってもらえなければ、土俵に上がることすらできません。

時間を使ってでも、何回推敲してでも、興味をひくタイトルを考えてみてくださいね!

次回は、セミナー内容の紹介方法をお伝えしていきます。

The following two tabs change content below.
眞山 健幸

眞山 健幸

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。





あなたの価値を3倍高める!!
プロフィール作成5ステップシート






プロフィールは、見込み客にあなたの魅力を伝え、興味を持ってもらうための重要なツールです。
小説家兼コピーライターが、あなたの魅力を最大限に引き出すためのプロフィールの作り方を、期間限定で無料プレゼント中!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

眞山 健幸

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。