毎日に刺激が欲しい?なら「三国志」がおすすめ!




ども。コピーライターノベリストの眞山です。今回は、僕の趣味に走らせてもらいます!

突然ですがあなたは、日常生活に刺激足りてますか?

  • 毎日同じ仕事、同じ人との付き合い・・・
  • それはそれで平穏無事なのは幸せだろうけども・・・

非日常を味わうために、レジャーランドに行くのもアリです。
でも僕からすれば、もっと単純に毎日ワクワクできる方法があります。

刺激的、スリリング、壮大かつ爽快、ときには涙。
そんな世界へ案内してくれる物語があります。

僕がお勧めするのは「三国志」です!

ここがすごい!三国志

三国志を知らない方は、その響きだけで引いてしまっている方が多いようです。

歴史は詳しくないし・・・
なんか古臭いし・・・
長そう、めんどくさそう・・・

そんな価値観は、三国志の世界にはまると吹っ飛びます。
三国志の時代は西暦180年代~280年代までの百年の間の話。
めちゃ古い時代なんです。日本でいえば、弥生時代。記録もほとんど残っていないときです。

そんな大昔なのに、なぜ未だに語りつがれ、熱狂的なファンが多くいるのか?

単に面白いからです。面白くなければ、千年以上も語りつがれません。

では、どんなところが面白いんでしょうか?

圧倒的なスケールの大きさ

三国志最大の戦いは、「赤壁の戦い」。
その戦力は100万人VS6万人!

・・・はい、多少盛ってる感は否めませんが(笑)
それにしても、このスケールの大きさはハンパないですよね。
ただ単に、度肝を抜かれる壮大さです。

ちなみに、この戦いの勝者は、圧倒的弱者であった6万の軍勢の方なんです。
常識的に考えて無謀極まりない戦いですよね。アリVS像のようなもんです。

しかし勝者は、アリ。

アリさんは、自分が弱者なことは百も承知です。知恵を絞り、さまざまな計略を駆使して、ついに像さんをコテンパンにするのです。

この中に様々な人間ドラマがあって面白い!

ちなみに、2008年に公開された映画「レッドクリフ」は、まさにこの戦いのみピックアップして映像化されています。
←まぁ、この映画もかなり盛ってる感はありますが(笑)興味のある方は一度見てくださいね!

勇敢な武将たちの生き様

  • 数万の敵軍の中をたった一騎で駆け抜け、行方不明だった主君の家族を見つけ出す。
  • 橋の上でたった一騎で数万の敵を待ち受け、現れた敵の総帥を大喝して追い返す。

三国志の中には、こんな常人離れした英雄たちが登場します。
彼らは、勇気、義理人情、忠義に溢れ、まさにほれぼれするような生き方をしています。

単純にカッコイイんです。

利害とか打算でつながることの多い現代社会。かれらのような生き方をするのは不可能に近い。

そういった生き方に憧れます。

計略の爽快感

三国志はスケールの大きさに加えて、ある天才軍師の登場により、計略を互いに掛け合う頭脳戦にもなってきます。

頭脳戦と言っても、単に頭が良いというだけでなく、人間の心理を知り尽くして、初めて完成する計略ばかり。

「一体何手先まで呼んでるんだ?」と思うほどです。

カッコイイ、しびれるのはもちろん、人の心を読み取ることができると、ここまで歴史を動かせてしまうのかと、空恐ろしくもなります。

有名な故事・ことわざがいっぱい

今までお伝えしている通り、三国志は人間ドラマが盛沢山です。
その中から、現代でも使われている有名なことわざがいくつも生まれました。

  • 三顧の礼
  • 破竹の勢い
  • 泣いて馬謖を切る
  • 苦肉の策
  • 十人十色
  • 水魚の交わり
  • 白眉
  • 死せる孔明、生ける仲達を走らす

などなど・・・

三国志を知らなくても、いくつは知っている言葉もあったんじゃないでしょうか?

三国志の楽しみ方

そんな三国志ですが、「もう知ってる!」という方はどこからはまっていきましたか?

僕は、マンガ「横山光輝三国志」です。

全60巻と長編ですが、図書館にあることも多いので、無料で読むこともできると思いますよ!

三国志の流れがある程度わかったら、ゲームでも楽しめますね。
KOEIの「真・三国無双シリーズ」「三国志シリーズ」は断然お勧めです。

ゲームをやる暇がなかったら、小説でも楽しめます。吉川英治が書いた三国志の小説は、マンガよりも詳しく、リアルに描かれています。

長編ですが、興味が湧いたら読んでみてください。図書館でもあるはず。

三国志がビジネスに!?

さらに驚いたことに、最近三国志をビジネスにされた方もいらっしゃいます。

玄子さんです。

玄子さんは、三国志のために中国の大学に進学するほどの、熱狂的なファンでいらっしゃいます。

三国志の文化教室講師、書籍出版、ファンクラブ運営等様々な活動をされています。
三国志で得た教訓をブログで発信されていますが、その記事の豊富さと濃度ときたら・・・頭の下がる思いです。
僕もファンとはいえ、ここまでは書けないなぁ。

さらに最近始められた新しいビジネスが「オーダーメイド三国志」。
申し込みした方が主人公となる三国志の小説を制作されています。

僕も申し込みさせて頂き、玄子さんのブログで紹介頂きました。

僕が第一号とのこと。嬉しい限りです!

僕が主人公のオリジナル三国志を作って頂きましたが、その世界に足を踏み入れたような感覚を味わえました。
全く新しいビジネスでもあるので、今後のご活躍に期待しております。

The following two tabs change content below.
アバター

眞山 健幸

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。





「ストーリー」×「ビジネス」

究極のブランディング徹底解説マニュアル!!





集客するにはマーケティング戦略が必要。

webで調べればすぐにヒットしますが、それだけでは不十分です。

人が何らかの行動を起こすときには、心が動いています。

人の心を動かすには、小説や映画のようにストーリーを駆使することが効果的です。

数値や根拠に基づくマーケティングに加え、人の心を動かすためのストーリー。

これが、最強の集客ツールになると僕は確信しています。

これによって、あなたは後発組であるにも関わらず、圧倒的にブランディングされ、ライバルと差別化にすることができるのです。

この、ノウハウをギュッと凝縮して、120ページ以上の資料にまとめました。

期間限定でプレゼントしています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。