序章 事件の始まり【社畜もなかなか悪くない】




「そんな、困ります!先日納品したものを全て返品なんて…確か500万ほどご注文頂いていた、あの… 」

 おれが毎朝楽しみにしているコーヒーブレイクは、この始業開始前のクレームで、あっけなく終わった。

 500万分、全て返品? 聞いたことがない莫大な返品額だ。

 「どこの会社だ?」

 おれは、青ざめて電話を置いたまま硬直している事務の女の子 に向かって聞いた。

 「黒岩特殊板金さんです!昨日、安藤さんが初めて取引した…すごい 怒ってます!」

 ふいに、隣の席からガタッと立ち上がる音がした。出勤してきたおれの部下・安藤守だ。

 彼は、何が起きたのか分からないというように目を丸くしたまま、室内にいる10 名の社員からの視線を浴びていた。

 「安藤、聞いてたか?」

 おれの問いに、安藤はかすかに「はい」と答えるしかできなかった。

 無理もない。彼はこの黒岩特殊板金からの発注により、入社一年目にして営業成績が全営業社員中ダントツ1位 に躍り出るという偉業を達成していたのだ。数字が全てのいわゆる営業社畜にとって、営業成績は命の次に大切なもの。彼の喜びはいかばかりだったろうか。

 しかしそれが、もし返品となれば確実に最下位。それどころか前代未聞の大損失を出してしまうことにもなる。

 そしてその影響は彼だけに留まらず、上司であるおれにも責任問題として降りかかってくる。

「なんで…今なんだよ…なんで…」

 安藤の手がかすかに震えているのが見えた。彼のうらめしそうなつぶやきは、朝の爽やかな空気にはあまりにもふさわしくなかった。

第2章 部下は会社を辞めたがる【社畜もなかなか悪くない】

The following two tabs change content below.
アバター

眞山 健幸

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。





「ストーリー」×「ビジネス」

究極のブランディング徹底解説マニュアル!!





集客するにはマーケティング戦略が必要。

webで調べればすぐにヒットしますが、それだけでは不十分です。

人が何らかの行動を起こすときには、心が動いています。

人の心を動かすには、小説や映画のようにストーリーを駆使することが効果的です。

数値や根拠に基づくマーケティングに加え、人の心を動かすためのストーリー。

これが、最強の集客ツールになると僕は確信しています。

これによって、あなたは後発組であるにも関わらず、圧倒的にブランディングされ、ライバルと差別化にすることができるのです。

この、ノウハウをギュッと凝縮して、120ページ以上の資料にまとめました。

期間限定でプレゼントしています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。