第5回 笑う「門」には「福」来る【笑う「門」には「福」来る】




「いよいよだね」

「滑ってもいいさ。泣いても笑っても、おれたちの初舞台だ」

福田は、覚悟を決めたようにうなずいた。

おれと福田は舞台の袖で、出演の順番を待っていた。もうあと1分で、今出演中のコーラス部の発表が終わる。

その次は、いよいよおれたちの漫才コンビ「ガリガリアイス」の出番だ。

秋10月。文化祭当日を迎えている。

その後おれと福田は漫才コンビを組み、体育館での発表会に出演申請をした。

結成から出演までわずか一か月。

ネタ作り、ネタ合わせ、全てが未経験のおれたちは、試行錯誤の末、なんとか一つの漫才を作り上げていた。

面白いかどうか、作り上げた自分たちでは皆目見当がつかない。しかし、これ以上推敲しても仕方ないということで、ついに大勢の人の前で披露することにしたのだ。

誰も笑わなかったらどうしよう。そんな不安に支配される。

出番が近づくにつれ、心臓が口から飛び出るかと思うほどに緊張が増していった。

コーラス部の美声が消え、拍手が巻き起こっているのが聞こえる。

「コーラス部の皆さん、ありがとうございました~」

司会者の声が体育館中にこだましたかと思うと、ぞろぞろと10人ほどのコーラス部のメンバーが舞台袖に降りてきた。

みんな一様に笑顔で、発表がうまくいったことをうかがわせる。

おれたちはあと5分後、あんな笑顔を交わせるだろうか…

「宮門」

いつのまにか呼び捨てで呼ぶようになった福田が、おれに笑いかけた。

「組んでくれてありがとね。がんばろ!」

「福田…」

福田の屈託ない笑顔。表裏のない、笑顔。

それを見ておれはハッとした。

そうか、おれ・宮門が笑ったから、福田はおれの元に来たのか…

笑う「門」には「福」来る。

誰が作った諺か知らないが、そういう意味でいいよな?

「おお、がんばろう!」

おれは福田と、手を叩き合った。パン!と乾いた音が、おれの心を高ぶらせる。

さっきまでおれの心を支配していた不安や緊張なんかは、どこへやらだ。

何だか、なんでもできそうなそんな気がした。

「次は、お笑いコンビ・ガリガリアイスの二人によります漫才です。それではどうぞ~!」

司会者の声が体育館内に響き、続いて拍手が沸き起こる。

おれは福田とステージへ躍り出た。

福田は、おれに福をくれた。次は、おれが福田に福を贈る番だ。

冷たいと言われ続けたおれを変えてくれた福田。大事な彼女に、その恩を返そう。

おれは、すうっと大きく息を吸い込んだ。

The following two tabs change content below.
アバター

眞山 健幸

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。





オンラインサロン

「週末起業スタートアップラボ」

会社を辞めず、あなたの好きなことで起業する「週末起業」が今注目されています。

しかし、どんなビジネスを起業すれば良い?何から準備すれば良いの?など、様々壁があるでしょう。

最も問題なのは、「一人である」ことです。森ベーションが維持できず、悩みの解決手段も分からないので、途中で挫折したり、そもそも動かないという場合が多いのです。

そんな問題を解決するのが、当オンラインサロンです。

このオンラインサロンでは、週末起業家や起業家が集まって、相互協力しながらビジネスを発展させる交流の場です。

あなたも0から起業し、月10万円を稼いでみませんか?

以下の特典を無料プレゼント中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。