第8章 上司は操るもの【社畜もなかなか悪くない】




「へぇ、後輩君と仲良くなれたかぁ」

 その夜、また昨日と同じ店に由美を呼び出したおれは、今日あったことを話していた。

「由美の言ってくれたことがふっと頭に浮かんでさ。ああ、こういうことだったのかって思ったよ。やっぱ由美はすげぇな」

 「でしょ。人事のエリートすごいんだから」

 由美は心底 得意げな表情を見せる。

「今日はおごるわ」

「ええ~!嬉しい!ありがとう!って、どっちにしろ裕一の番だったでしょ!」

「…由美ってさ、たまの ノリが関西になるよな」

「あー、まぁね。これも人付き合いをうまくする方法の一つね。新人のときに、頑張って身につけたよ」

 おとなしい性格の由美も、頑張って色々と人付き合いのテクニックを磨いたようだ。人事といえど、そこは営業に通じるものがあるらしい。

「そしたら次は、支店長の攻略だね!」

「支店長?そんな話になったっけか?」

「今後、黒岩板金の柏木って人に会いたいんでしょ?さらには向こうのミスを認めさせるために行くなら、今日と同じ裕一と後輩君が行っても追い払われるのがオチよ。こういうのは変化が大事なの。この場合の変化とは?」

「あー。さらに上を連れて行け、か」

「ご名答」

 由美はニヤリと笑った。さらに上とは、言うまでもなく伊澤支店長のことだ。

「しかしあのへそ曲がりがついて来てくれるとは思えねぇよ。どうせ椅子にふんぞり返って、お前が責任持て~しか言わないぜ」

「裕一は嫌われてるんだねぇ」

「そりゃそうだ」

「なら、裕一から好きになっちゃえば?」

 おれは飲んでいたビールを吐き出しそうになった。今日の由美はキラーパスが多い。

「そういう趣味はねんだけど」

「そういうことじゃなくて。信頼関係を作ろうって話をしてるの」

「あいつと、信頼ぃ?」

 伊澤支店長のうざったい顔が思い浮かぶ。奴と信頼し合っている自分の姿なんか、想像もできない。

「裕一は嫌でも、こんな状況を打開するなら、支店長の肩書きを借りるしかないでしょう?そのためには、支店長と仲良くなるしかないじゃない」

「いや、由美の言いたいことは分かるけどさ…」

「裕一、上司は扱われる人じゃないの。こっちが操るものなの」

「上司を…操る…?」

 考えたこともないことだ。

「人って単純でね、自分がおだてられたり、頼ってくれたり、感謝されたりすれば、悪い気は起きにくいものなの。裕一は、支店長さんに対してそういうことしてこなかったんじゃない?」

「そりゃそうだろ。足引っ張ったり、訳分からねぇ指示出すしかしねぇしさ」

「なら意識的に、支店長に相談したり、感謝したりしてみなよ。悪い気はしなくなるはずだよ。それから、今回の件の協力をお願いするの」

「…はぁ…」

 あまりにも現実離れしたような話なので、おれは受け止めきれない。

「まぁ、騙されたと思ってやってみなよ。上司が自分の希望通りに動いてくれるようになると、気分いいよ」

 由美はそう言うと爽やかに笑う。なかなかにブラックなことを言いながら、よくこんな明るい笑顔になれるものだ。どうも由美と比べてると 自分は子供のように思えてしまう。おれはまだ表情を取り繕ったり、演技をするのが 自分でも分かるほど下手なのだ。

 しかし同時に、何とも言えない感情が高ぶってくるのを感じていた。おれが、伊澤支店長を操る、か。そういえば…

「由美、わりぃ、今からちと会社戻るわ」

「お、何か思いついたんだね。わかった。がんばってね!」

 おれは鞄を掴むと、勢いよく席を立った。

 おれは誰もいない真っ暗な事務所に戻ると、PCを立ち上げて企画書を作り始めた。

 昨日伊澤支店長が言っていた、まとめ買いしてくれる客先には割り引きますという企画だ。

 前述したように、このご時勢でまとめ買いを促すのはあまりにも愚かな行為。そのうち伊澤支店長は、そんな指示を出したことすら忘れるだろうから、完全にスルーをしようと思っていたのだ。

 しかし、由美の話を聞いてこの考えが変わった。こんなクソのような企画でも、客先に話を通して少しでも売り上げアップになり、おれが「伊澤支店長のおかげです!」と目を輝かせて感謝したら、伊澤支店長はどう感じるだろう。おれに対する認識を、少しでも好転させてくれるかもしれない。そこで支店長の気が緩んだ一瞬の隙に、黒岩板金の同行を頼み込むのだ。

 そのためには、今日の黒岩社長の対応を支店長に報告する前に、支店長の企画で実績を上げておく必要がある。チャンスは、せいぜい明日の午前中までだろう。この企画書を作成したら、明日は早めに家を出て、この企画を飲んでくれそうな客先に直行しなければならない。

 誰もいない室内で、おれのキーボードを叩く音だけが響き渡る。時計の針は、11時を指していた。終電までに間に合うだろうか。今頃さっき飲んだ酒が回り始め、眠気が襲ってきている。

 おれは栄養ドリンク を買いに行くべく、席を立った。

 翌朝。眠気との格闘を しながら、おれはある客先へ直行した。

上場している大企業で、おれが新人の頃から担当している顧客だが、その担当者が今年の初めに変わった。挨拶に行って驚いたのだが、その新しい担当者は、大学時代所属していた登山サークルの後輩だったのだ。

 3年間苦楽をともにした後輩が、大手の取引先の担当者になったのは、おれにとって本当に幸いだった。多少なら無理なお願いもしやすいからだ。

 今回の支店長発案のクソ企画の犠牲には、この会社になってもらうことにしていた。

「在庫には困ってないんですけどねぇ…」

 案の定、面会した後輩も契約書を見ながら渋い顔をする。契約書には、よく発注がかかる、在庫にしておいても損はないであろう種類のパイプが数十本、30万程度の金額が記載されている。

「ぶっちゃけ、こっちの社内で色々あってさ。一回発注かけて、後でキャンセルしてくれてもいいから」

 こんな無理を話せるのは、多くの取引先の中でもここだけだろう。彼は困ったような顔をしながらも、それなら明日キャンセルの連絡を入れますから、と言いながらも契約書にサインをしてくれた。持つべきものは人脈だ。

第9章 未来のためにできること【社畜もなかなか悪くない】

The following two tabs change content below.
アバター

眞山 健幸

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。





「ストーリー」×「ビジネス」

究極のブランディング徹底解説マニュアル!!





集客するにはマーケティング戦略が必要。

webで調べればすぐにヒットしますが、それだけでは不十分です。

人が何らかの行動を起こすときには、心が動いています。

人の心を動かすには、小説や映画のようにストーリーを駆使することが効果的です。

数値や根拠に基づくマーケティングに加え、人の心を動かすためのストーリー。

これが、最強の集客ツールになると僕は確信しています。

これによって、あなたは後発組であるにも関わらず、圧倒的にブランディングされ、ライバルと差別化にすることができるのです。

この、ノウハウをギュッと凝縮して、120ページ以上の資料にまとめました。

期間限定でプレゼントしています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。