気付いている人は少ない?2つの音声コンテンツの魅力とは?




ども。コピーライターノベリストの眞山です。

コピーライターと名乗りながらも、音声コンテンツの話題を配信しています(笑)

というのも、音声の魅力に気付いている人が少ない今が、参入するならチャンスと感じているからです。

僕がそれを強く感じるようになったキッカケは、僕が運営していたサークルでの経験からです。

ボイスドラマ制作サークルを運営していた

僕は2010年から2015年にかけて、ボイスドラマ制作サークルを運営していました。

ボイスドラマとはその名の通り、声優の台詞・効果音・BGMだけで構成される、音だけのドラマです。今までに、10本以上のボイスドラマを配信しています。

ボイスドラマは極端に高価な機材も必要なく、手軽に作れるため、素人でも多少知識や技術のある人が集まれば、かなりクオリティの高い作品を作ることができます。

設立のキッカケ

サークル設立前の僕は、脚本や小説を書きたくてウズウズしていました。もちろん書くだけなら一人でもできますが、それだけでは嫌だったんです。

「せっかく書いた脚本を、何らかのカタチにしたい!」と考えて、たどり着いた結果が、ボイスドラマの制作でした。

最初から音声の魅力を知っていたわけではありませんが、知れば知るほど面白かく、しかもメリットが盛沢山ということに気付いたんです!

音の面白さ

では、音の魅力とはどこにあるんでしょうか?

あまり考えたことがない方がほとんどだと思いますが、僕たちは知らず知らずのうちに、毎日何らかの音によって心動かされたり、意思決定したりしてるんです。それを意識しながら一日過ごしてみると、思わぬ発見があるかもしれません。

どんな形で、音は僕たちに影響を与えているんでしょうか?

潜在意識に働きかける

「初めての〇〇〇」

この文章を見て、何か思い浮かぶことはありますか?もしこれだけで思い浮かんだとしたら、よほどその企業のCMがうまくできている証拠です。またはこのサービスを実際に使った方かもしれませんね。

これは、金融会社アコムのCMのキャッチフレーズです。

では、どうやってこのフレーズを思い浮かべましたでしょうか?おそらくあなたは、音楽にのってこのフレーズが流れているテレビ画面を思い起こしたと思います。

これが音の力です。大して興味を持っていない人の記憶にも、鮮烈にその存在を刻んでしまうんです。

このように、自社の特徴や企業名を、短い音楽にキャッチコピーを乗せて作られる宣伝媒体を、サウンドロゴと言います。

アコムのサウンドロゴは、印象に残るCMとしても定評があります。

2016年7月にマイナビ学生の窓口が大学生男女約400名に聞いた「印象に残るCMソング」では「リズム感がいいから耳に残る(男性/19歳/大学2年生)」「インパクトのあるリズムだから(男性/19歳/大学1年生)」などの回答がありました。

ferretより

僕は金融屋さんのお世話になったことは一度もないし、これからもそうそうないと思います。でも覚えてしまっています。

もし、この先いつか金融屋さんに行かなければならなくなったときに、どこにしようか?と考えます。すると、「あ、そういえば、あのCMで初めての〇〇〇って歌ってたな。初めてだから、ここに行ってみようか・・・」という考えに至りやすくなります。

この思考に至らしめることが、この企業の狙いです。まさに新規顧客獲得のために作られたサウンドロゴ。

想像力を掻き立てる

実はこれが一番音の面白いところ。

ボイスドラマを聞いてもらうと分かりやすいと思います。

セリフと効果音とBGMだけで作られるドラマなので、まさに情報は音しかない。でもドラマなんです。

なぜドラマなのか?

リスナーは音を聞きながら、その情景を想像しているからです。リスナーの脳内で、そのドラマは展開されていくんです。

僕がボイスドラマを作っていたときは、この想像力をできるだけ使って、どうやってリスナーをハラハラさせるか?と面白がりながら作っていました(笑)

例えば、こんなシーンがあったとします。

正義の味方「お前を倒し、平和をつかむ!」

悪者「そんなことはさせん!返り討ちにしてやる!」

※時代背景とかは、ご想像にお任せしますw

効果音:激しく交わる剣の音。やがて、何かを切り裂く音!その直後、人が倒れる音。

台本だとこんな感じです。リスナーは、聞きながら「決着がついた?どっちが勝ったんだ?」とハラハラします。二人が言い争いをしているまでは想像がつきましたが、その後の効果音だけでは、結果が分からないんです。

この後例えば

悪者「おれの、負けだ・・・」

なんてベタなセリフが入れば、初めてリスナーは「あ、正義が勝ったんだ!」と知ることができます。

これが映像だと、見ただけですぐに勝敗が分かってしまいますよね。

ラブシーンでもこの技は使えます。

男「いいだろ、キスさせろよ」

女「そんな、だめよ・・・あっ」

最後の「あっ」がポイントですね(笑)このあと沈黙が入ります。この男女は、今現在どうなっているんでしょうか??

やはりリスナーは聞きながら想像してしまいますが、その想像が果たして合っているのか。この次の展開が入るまで、ハラハラしっぱなしです。

ここが音の面白いところです。想像力のみだから、映像とは違う方法でリスナーの感情を揺さぶることができるんです。

ビジネスで使用する音声コンテンツに置き換えると、見込み客へ与えるインパクト増加に役立たせることができます。

あなたがwebラジオ番組を配信し始めたとすると、あなたの番組を聞いているリスナーは、あなたがどんな顔をしているのか分かりません。しかし、あなたとセミナーや交流会で実際に会ったときに「あのwebラジオ番組で話している人は、こんな人だったんだ!」と、非常に強く印象に残ります。

内容が良いものであれば、リスナーはさらに好印象を抱くはずです。

まとめ

いかがでしょうか?音って面白いし、意外にすごい力を秘めていますよね。

音声コンテンツも配信できるようになると、思わぬ宣伝効果が得られるかもしれません。

次回以降、音声コンテンツについてさらに詳しくお伝えしていきますね!

The following two tabs change content below.
アバター

眞山 健幸

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。





あなたの価値を3倍高める!!
プロフィール作成5ステップシート






プロフィールは、見込み客にあなたの魅力を伝え、興味を持ってもらうための重要なツールです。
小説家兼コピーライターが、あなたの魅力を最大限に引き出すためのプロフィールの作り方を、期間限定で無料プレゼント中!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

コピーライターノベリスト(小説家兼コピーライター)。 脚本・小説をそれぞれ養成所に通って勉強し、小説ではweb小説投稿サイトのコンクールで入賞。その後、コピーライターとして活。ストーリーをビジネスに取り入れたライティングサービス(ブログ、webサイト、LP、スタップメール、プロフィール作成代行)や、webアクセス解析も行っている。